→過去記事無作為表示
←アフィリエイト広告
↓当サイトからのお知らせ
ズートピアは、楽しかった(粉ミカン)

Original life 9

1301253837.fisk_jn-mikothomas

OL370.12-12-14

ミコ「トーマス、目を瞑ってぇぃ!」”You have to close your eyes!”
トーマス「良いよ」「でも、気色悪いことすんなよ」”All right.””Just don’t do anything GROSS.”

 

 


ミコ「ちょっとォ、 何で目を開けたの!」”HEY, you opend your eyes!”
トーマス「何で知ってんだよ」”How would you know?”


トーマス「ミコも目を開けたってことジャンか!」”Unless you opened your eyes, TOO!”
ミコ「はっはー」「御代わりね?」”HAHA!””Again?”

ジェイニー「何事?」”What the—?”

 

OL371.12-12-17

ジェイニー「それで、体育館裏で、弟がミコとキスしてるのを見たってわけ」“And then I saw Thomas and Miko KISSING behind the gym.”


チャーリー「えー!」“Aww!”
アンジェリカ「それに何か問題でもあるのですか?」“What’s wrong with that?”

 

ジェイニー「姉よりも早く、弟がファーストキスってどういう了見よ?」「あたしになんか問題でもあるっての?」
“How does it make sense that my LITTLE BROTHER gets his first kiss before I do?”“What’s wrong with me?”

 

アンジェリカ「まぁ、ジェイニーは可愛いんですけれどね。少し怖い時があったりしますし」“Well, you’re pretty, but you can be kinda SCARY.”


ジェイニー「怖い?」”Scary?”

アンジェリカ「男子がジェイニーに脅されているように思えることがありまして」”I think boys can be INTIMIDATED by you.”


ジェイニー「あたしのどこが怖いってのよッ!?」”HOW am I INTIMIDATING!?”
アンジェリカ「いやぁぁあ! 暴力は止めてくださいっ!」”EEE! Don’t hurt me!”

OL372.12-12-21

アンジェリカ「ファーストキスを思い出しました」「アスペン・スミスベリー」「原初の叫び療法に行く道すがら、お父さんとお母さんが私を彼の家に置いていったのです」”I remenber MY first kiss: ””ASPEN SMITHBERRY.””My parents would drop me off at his house when they went to primal scream therapy.”

 

アンジェリカ「彼は、とても小さくて、とっても可愛くて、そうです、脅しなんて絶対にしないタイプでした!」「二人の関係はあれよあれよという間に進みます」“He’s so small and sweet and NON-THREATENING.””One thing lead to another.”

 

アンジェリカ「やはりの難所は、キスの狙いですねぇ」「私の初めては、図らずも鼻の穴になってしまいました」“The hardest part at first is AIM.””In my first attempt, I lip-locked his nostril on accident.”

 

OL373.12-12-24

ジェイニー「楽しそうね」“You’re smiling.”

チャーリー「僕もね、一回だけあるんだ」”I kissed a boy, once.”

ジェイニー「おい、マジか」”Oh really.”

 

チャーリー「トレヴァー・スウィントン。女子とフットボールはしない主義だった※」「でも、トレヴァーのお母さんが僕と遊べって言ったみたいでね」”TREVOR SWINTON didn’t want to play footbaal with GIRLS””But his mother made him play with me.”

 

チャーリー「あの時、僕はスウィントンをスクリメージラインで抑え込み続けたんだ」”I kept taking him down at the line of scrimmage.”

「ぐるる!」”Grr!”

チャーリー「彼の怒りも爆発寸前」”He would get so MAD.”

 

チャーリー「だから、タックルの後にね、記憶にこびり付く様なキスをしてあげたんだ。勿論、スウィントンの友達が見てる前でだよ!」”So after a tackle, I gave him a big lingering KISS in front of all his friends!”

 

チャーリー「みんなスウィントンを嘲笑って、ゲイ呼ばわりしてた」「あれは面白かった※」”They all laughed at him and called him gay.””It was nice”

 


※アメフトは女人禁制、男の世界。何よりも男らしさが尊重される。だから、スウィントンは女の子であるチャーリーとフットボールをしたがらなかった。
http://www.nfljapan.com/column/54472.html

 

※アメリカの人気ドラマ『Glee Season2』のパロネタ。男同士でズギュウウウンな名シーンがある。

 


OL374.12-12-28

アンジェリカ「うむ、いますね」「息継ぎする暇もありませんよっ!」“Yes, there they are.””Not even coming up for AIR!”

 

アンジェリカ「我々はジェイニーに相応しい男を見つけた方が良いのでしょうか」「これもジェイニーのためです」“I wonder if we can find someone appropriate for Janie.””Just to make har feel better.”

チャーリー「助けになるなら、僕がキスしたいなぁ」“I’LL kiss her if it help.”

 

アンジェリカ「チャーリーは勇敢ですね!」「ですけれど、男とキスしてこそ、本当のカウントに入るというもの、ですよ!」“You’re so BRAVE!”“But it only really COUNTS if it’s with a BOY!”
チャーリー「そっか。僕、女だった」”I forgot”

 

OL375.12-12-31

アンジェリカ「ジェイニーの御眼鏡に適う男子を見つけるだけではダメのです」「どれが良いのか、皆目見当もつきませんね」“It’s not enough to find a guy interested in Janie.””I have NO idea what kind of guy she likes.”

チャーリー「ジェイニーに聞けばいいんじゃないかな」”Maybe we should ask her.”

 

アンジェリカ「リストが上がっていますが……」「これは秋葉系過ぎです」「太り過ぎ」「小人過ぎ」「間抜け過ぎ」“I have a list but…””This one’s too nerdy.””Too fat””Too weeny””Too dorky”

 

チャーリー「だから、ジェイニーに聞けばいいじゃない」“Maybe we should ask her.”

アンジェリカ「分かっていませんね」「ジェイニーが好きなだけではダメなのです。ジェイニーの友人にも、二人の関係を快く思ってもらわなければならないのですよ」“No no.””It’s enough that SHE like him. Her FRIENDS have to like her and him TOGETHER.”

OL376.13-01-04

アンジェリカ「よろしい、貴方達は選ばれたのです。何故なら、体育会系のイケメン、適切な歳の差だからです」“Okay, you two are here because you’re athletic, decent looking, and the right age.”

 

アンジェリカ「とある私の友人は、まだキスをした経験がありません」「これは人生経験上の重大な一発目」「ですから、どうか焚きつけて下さい。求愛して下さい。いきなりキスでも構いませんよ」“My friend hasn’t had her first kiss.””This is a vital first time life experience.””ENTICE her. WOO her. Or just PLANT one on her.”

 

「楽勝さ。それで、そのラッキーガールは誰なんだい?」“Easy enough. Who’s the lucky girl?”

アンジェリカ「ジェイニー・ブラック」”JANIE BLACK.”

 

「あー! あぁ……」“OH…! Ahh…”

「おい、マジかよ……」”Oh gosh…”

アンジェリカ「ちょっと! お金は払うのですよ!」“COME ON! I’ll PAY you guys!”

OL377.13-01-07

アンジェリカ「ジェイニーの何が気に入らないのですか!?」“What’s wrong with Janie!?”
「アンジェリカ……」「あいつは男子の中で「金玉潰し」って陰口叩かれてんだ」”Angelica…””Janie is what boys call a “BALL BUSTER””

 

「ジェイニーは頭が固い。だから、絶対に要求がきつい」“She’s so headstrong, and that’ll inevitaly come off as DEMANDING.”

「努力してる男に頑張れって、お前は努力が全然足りないってダメ出ししてるも同義だ」“Encouraging a guy to strive to be better is like telling him he’s not GOOD ENOUGH!”

「自分の尻を叩く女を彼女にしたい奴なんているのかよ?」“Who needs a girl who thinks she can kick your ass?”

 

アンジェリカ「どうしてそんなことが分かるのですか?」「ジェイニーとデートしたこと、あるのですか?」“How do you know this?”“Have you ever been out with her?”

「あるわけねーよ」“HELL NO!”

「全くだ、誰が金玉潰しなんかと」“Yeah, who’d go out with a BALL BUSTER.”

 


゛ball buster゛「金玉潰し」。男性の社会的地位を脅かすような女性。面倒くさい女性全般。

http://ja.urbandictionary.com/define.php?term=ball%20buster


 

OL378.13-01-11

ジェイニー「パパ!」「男ってなんなの?」「何でデートにも誘ってくれないし、キスもしてくれないわけ?」“DAD!””What’s WRONG with BOYS?””Why are they so scared to ask me out and kiss me?”

 

フィスク「ここで待ちなさい」“Wait here.”

 

 

フィスク「書斎にいる」“I’ll be in the den.”

 

OL379.13-01-14

「いたぞ」“There she is.”

「わかってる、これも金のためだ」”Okay, doin’ this for the money…”

「気を確かにしろ」”Be strong.”

 

「なんて言うつもりだ」”What are you going to say?”

「何を言うかなんてどうでもいいことだ」「女ってもんは、自分の話をしてくれる相手が大好きなんだ」”It’s not important what I say.””Girls just love that you’re TALKING to them!”

「よぉ、ジェイニー」「あー」”Hey, Janie.””Ah…”

 

「そうだ、君は水泳が好きなんだな」”So, you really like swimming?”

ジェイニー「はぁ」「誰も気が付きませんよう望んでいたのに」”Darn.””I was hoping no one would notice.”

 

「はっは!」”Ha-ha!”

 

OL380.13-01-18

「キスされたことがない」「お前の見てくれには心を開かないさ。キスがどんな気持ち良いのかってことを知らないんだからな」“She’s never been kissed.””She’s not fully opened to your charm because she doesn’t know how nice kissing really feels.”

 

「そう言う女には、偶然なキスが要り様さ」「されたら、キスの気持ち良さに熱中しちまう」“Some girls need to have it happen almost by accident.””Then they WARM UP to those feelings.”

 

「簡単なんだよこんなの。泳ぎ終わった時」「あいつがプールから飛び出した瞬間には、もう……」”It could be as easy as being at the end of her swimming lane.””And when she pulls herself out of the water…”

 

ジェイニー「うわぁッ!」「何だお前!?」”AHH!””WHAT THE HELL!?”

「実におしい……」“SO close…”

 

OL381.13-01-21

「これは偶然だ! 神に誓って!」“It was an accident, I swear!”

ジェイニー「キル・ユー!」“I’ll kill you!”

 

 

 

 

チャーリー「トーマス?」“Thomas?”

トーマス「よぉ、チャーリー」“Hi, Charlie.”

 

チャーリー「男の子になる方法を僕に教えてよ」“Teach me how to be a boy.”

 

OL382.13-01-25

トーマス「まともな男ってのは、家を建てる様な人生設計をするんだ」「口調、姿勢、抑揚の機微……どれも重要なことじゃない」「最善を尽くすべきことをやる、世の不条理に文句を垂れない。これが大切だ」“A proper boy approaches life like he’s building a HOUSE.””Tone, attitude, little MINUTIA of inflection…None of it matters.””Do what must be done to do things right, and disregard ALL BULLCRAP.”

 

トーマス「男は込入っていない」「だけど、無礼でもない」「女は、隠し言葉と腹の探り合いで複雑だ」“Boys aren’t complicated. And that’s not an insult.”“Girls lace things with SECRET meanings and head games.”

 

チャーリー「僕も一緒に立ちションが出来たらなぁ」“I wish I could pee standing up, too.”

トーマス「男のエチケット! 隣同士で立ちションしても、隣の奴のは見ちゃいけない」「チラ見は許される。けど、ガン見はただただ気色悪いんだ」“DICK ETIQUETTE: you can pee next to another boy, but don’t look at his stuff.”“Anything more than a brief glance is just WEIRD.”

 

チャーリー「僕はただ、可愛い女の子が求めていることを知りたいんだよね」“I just want to know what pretty girls want.”

トーマス「なるほど。男になってもそんなもんは分からん」“Yeah. being a boy won’t help you with that.”

 

OL383.13-01-28

ミコ「いいわ。つまり、男の子っぽく見せたい、と」“Okay. So you want to look like a BOY?”

チャーリー「うん、おねがい」”Yes, please.”

ミコ「これは面白くなりそうね!」”This could be FUN!”

 

ミコ「とりあえず、帽子を取って、ポニーテールを解いて……」”Let’s lose the hat and the pony tail, first…”

 

 

チャーリー「何?」“What?”

ミコ「本当にやっちゃっていいの?」“Are you SURE you want me to do this?”

 

OL384.13-02-01

ミコ「完成!」“ALL DONE!”

 

ミコ「少年チャーリーに、セイ・ハロー!」”Say hi to CHARILE the BOY!”

トーマス「うわぁ。絵に描いたようなデュードブロ※」“WOW. She looks like a real dudebro.”

 

トーマス「ところで、なんで男の子になろうとしたんだ?」“So what are you going to do as a boy?”

チャーリー「ジェイニーとデートするからだ」“Gonne go make out with your sister.”

 

ミコ「うへー」「おえっぷ」“Ah-HEH””Oops!”

トーマス「なに」「今なんて言った?」“What.””What did she say?”

 


※紋切り型のアメリカ人好青年。学校(特に、大学)でイケイケしてる様な男のこと。大方、侮蔑語として使われる。

http://www.urbandictionary.com/define.php?term=dude+bro

 


OL385.13-02-04

「仕方ない、アンジェリカが金をくれるんだよ」「キスしてくらたら、山分けにしようじゃないか!」“Okay, she said she’d pay us.”“But if you do it, we’ll split the money!”

「ジェイニー、高校行くまでにキスなしなんて辛いぜ……」“You don’t want to go on to high school KISSLESS…“

 

「それに」“And-”

 

 

ジェイニー「ちょ、むちゅ!」“Wh-GM!”

 

OL386.13-02-08

チャーリー「ずっとこうしたかったんだ」“I’ve always wanted to do that.”

ジェイニー「おいッ!」“Hey!”

 

チャーリー「ごめん、ジェイニー」「男になってから、自信が漲って仕方がないんだ」“Sorry, Janie.””Since becoming a boy, I’m just BRIMMING with confidence!”

 

ジェイニー「あーあー! チャーリー、こんな格好に頼っても意味がないんだって!」「自信はね、貴方自身の中にあるものなんだから!※」“Aww! You don’t need to CHANGE yourself, charlie!”“The confidence is inside you!”

 

「僕も、そう思うよ」“I guess you’re right.”

 

 


※「秘密(The confidence)は貴方の中にある」「自信(The confidence )は貴方の中にある」の掛け言葉。


 

OL387.13-02-11

ジェイニー「男装も様になってた」「勿論、チャーリーのことは友達としてラブよ。でもなんていうかさ、本当の男の方が良いかな、なんて」“You looked really good as a boy.””I love you as a friend, but for something else, I’ll want a REAL boy.”

トーマス「僕には男の素質がなかったんだね?」“I’m not enough of a boy?”

 

ジェイニー「立派な男だった!」「でも、あたしが隣を歩きたいと思える様な本物の男の彼氏が出来るまで、こんな形で友達を利用したくないじゃんさ」“You’re a GREAT boy!””But I don’t want to just use you until a REAL boy comes along that I like.”

ジェイニー「だって、フェアじゃないし」”That’s not fair.”

 

ジェイニー「友達同士がすることじゃない」“That’s not what friends do.”

 

ジェイニー「だから、これをやったら友達じゃない。あたしは、まだ友達同士でいたいんだから」”And I want you to still be my firend.”

 

OL388.13-02-15

チャーリー「僕もう帰るね」「夕食に遅れると、ママのお小言が五月蠅いんだ」“I should go home.””My mother gets fussy when I’m late for dinner.”

ジェイニー「でしょうね」“Yeah.”

 

チャーリー「ありがとう!」「またね!」“Thanks!””BYE!”

ジェイニー「また明日、学校で!」“See you at school tomorrow!”

 

 

 

 


 

 

トーマス・ブラック

ブラック家次男。現代的な腕白少年。本作によく見られるプロットは、「キャラクターが抱える悩みの描写」→「その改善・好転の描写(必ずしも解決はしない)」である。しかし、トーマスが悩んでいる描写は(今のところ)ない。また、何か問題が起きても、自己解決する場合が多く、非常に芯の強いキャラとして描かれるように見受けられる。こう言う事情もあってか、悩む他人にアドバイスを与え、解決への道筋を示す役割を演じることも多い。

 

ジェイニー・ブラック

ブラック家長女。自信過剰で、気が強いスポーツ少女。自信に伴う実力も兼ね備えている上、努力も怠らない。ただ、非常に強い競争心も持っており、他人を押し退けてでも、上に立とうとする悪癖も見られる。この性格はアメリカでも嫌われるらしい。だから、彼女に負けた者からは強い嫉妬と嫌悪を買い、男からは面倒くさい奴として忌避される。そう言う描写も少なくない。

 

フィスク・ブラック、エリザベス・ブラック

ブラック夫妻。本作では、「子供に対する教育」がたびたびテーマに上がる。そして、ブラック家なりの教育ルールが色々と描写されている。これについて全体的な傾向として言えるのは、「母親であるエリザベスが中心になって教育を行う。父親であるフィスクはそのサポート役に回ること」である。この中には、女の問題には男親は口出ししない、と言う取り交しを示唆する一コマも見られた。

 

ミコ

見た目はお淑やか。でも、話すとかしましいことが分かるタイプ。更新回数を増すごとに、癖の強い性格と家庭環境がボロボロと露わになる。トーマスに好意を寄せているらしく、積極的に迫っている。

 

アンジェリカ・ケイネス

親が親なため、かなり特殊な宗教色に染まっている。ミステリー系で言ったら、「殺人事件とかあったら、真っ先に疑われる。けれど、実行犯ではない」。アクション系で言ったら、「口五月蠅い上に、余計なことをやらかす。でも、絶対に死なない」。そう言うステレオタイプな役割を演じそうなキャラクター。

 

シャーリーン・スワンソン(チャーリー)

男に強い憧れを抱いている節がある。精神科に行けば、おそらく性同一性障害の診断を貰うに違いない。直接的な描写は一切ないが、ジェイニーにラブレターを送っていたのは彼女だ、と思われる。後、いつも自信なさ気な表情をしている。

関連記事
web拍手 by FC2

テーマ: 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル: アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シャーリーンかわいいな。
トーマスの女の子に好かれる方法なんて男だってわからないには笑った

No title

英語の勉強になりますなぁ
プロフィール・著作権・相互リンク・広告代理店

pompompmpm

Author:pompompmpm
このブログは人外専門のエログサイトです。国籍問わず、世界中から人外の画像を集めております。「普通の人はとっつきにくいんだろうなぁ」と思われる人外画像も、躊躇うことなく記事に致します。


成人の方であっても、気分を害された場合には、すぐにブラウザバックしてください。当方、責任を負いきれません。18歳未満の方は、閲覧をお控えください。

カテゴリから検索
アクセストレーダー
アクセス交換窓口になります。他サイトに飛びます。
人外描いている絵師(テスト中)
人外系リンク
アフィリエイト広告
最新コメント
PVカウンター
UUカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
人気記事ランキング
ブログパーツ
7日間アクセス経由ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
394位
アクセスランキングを見る>>
[サブジャンルランキング]
画像
57位
アクセスランキングを見る>>
転載許可を頂けたサイト様
pixiv絵師、御納戸サイトリンク御納戸さんのサイトに飛びます pixiv絵師、mashaサイトリンクmashaさんのサイトに飛びます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...