→過去記事無作為表示
←アフィリエイト広告
↓当サイトからのお知らせ
ズートピアは、楽しかった(粉ミカン)

【ライオンキング】変態レベルの高さは日本と同等,HENTAIエロ同人和訳済み、part2

作者同じなんですよ、これ。

メスケモ漫画000
メスケモ漫画001
メスケモ漫画002
メスケモ漫画003
メスケモ漫画004
メスケモ漫画005
メスケモ漫画006
メスケモ漫画007
メスケモ漫画008
メスケモ漫画009
メスケモ漫画010
メスケモ漫画011
メスケモ漫画023
メスケモ漫画022
メスケモ漫画021


メスケモ漫画012
「…いた!」
「大丈夫よカル…」
「貴方ならできる」
「へやあああああああああああ!!」
メスケモ漫画013
ぶぉおおおおおおおおおお
「あらぁぁ!?」
(…え…何?)
「あら?何これ?」
「んんっ…」
「新しいセックスフレンドってとこかしら」
「おーシット」
メスケモ漫画014
「うぉっと!」
「おい、やめ!何すんだ!?」ビリビリ
「むふふぅ、いいわぁ!とっても柔軟そうぉ」
ヤメロー、
クスグッタイー
「確かにスゲェひろいもんだ。見た目以上に使える事を祈ろうぜ、こいつの為に…」
「さぁ、遠慮せずに飛び込んでちょうだい!私大興奮よ」
「えぇぇ…冗談はよしてよぉ」
「こんなの…入らないって…」
「おい、無理とか言うな!最低でも、出来るって祈るんだよ」
メスケモ漫画015
「おいおい、これは何だ?何が無理だって!?」
「ふげぇ!!」
「お楽しみね?」
「おっと、すまねぇな」
「後の穴を使いなよ」
「むふふぅ、もっといいアイデアがあるの」

メスケモ漫画016
「ほら!」
「あひぃ!♡」
「くふぅ」
「むふぅ、どう、これが良いアイデア!」ぶひゅ
「ああぁ、すげぇ、気にいったよ!んぁ!」こぷ
メスケモ漫画017
「もっと突いてくれ!」
「あぁあ、もう入らない」
「もっとだ」ぶぷぁ
メスケモ漫画018
「きもちいいぃ、すごくいいぃ」
「あぐぁ、爆発しちゃいそうぉ」
「ぶちゅぉ」
メスケモ漫画019

メスケモ漫画020
「で、どう思う?」
「この子は持ってる!」
「どうだ、もっかいか?」
「んもうっ、分かってるくせに!でも、まずは新しいペットちゃんを綺麗にしましょう、それから…」
「…ここどこ?」
「おきろおきろ!」
「もっと楽しいことしましょうぉ」
「冬眠まで数週間はあるからな!」 web拍手 by FC2

テーマ: 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル: アダルト

tag: 海外 ふたなり メスケモ ボテ腹 ファーリ ライオンキング ディズニー

【Original life2】オウフww海外産、WEB漫画でフォカヌポウwwwコポォ【ファーリ】

前回までのあらすじ

トーマスは彼の妹、マーシャルアーツを極めたアビゲールからの厳しい訓練を潜り抜け、宿敵ブラロックを打ち倒すだけの力を手に入れることに成功する。
その力を持ってしてブラロックを打ち倒し、奪われたPSPを取り返すトーマスだったが、その後を待っていたのは想像だにしない非情な懲罰だった。
大人の理不尽なルールと父フィスクの男の生き様にふれたトーマスは獣人として一回り大きく成長し、今日も今日とて庭先の芝生を刈りつつづける。

original life2000
「三週間の休暇をもらったんでしょ?」
「第三次世界大戦への充電期間中、まぁね」
「何処かに行きましょうよ」
「それはちょうどいい、ルーシーがフロリダに来いとうるさくてな。ビーチでリラックスするのも吝かではないだろうし。俺の両親も訪ねたいところだ。お袋も変わってないのかな」
「私の両親が貴方の実家の数マイル南、(フロリダの)メルボルンに住んでいるの!ぜひご機嫌をとっておくべきだと思うのよ」
「…」
「…」
「あなた、その話はもう終わった話よ」
「まださわりの部分しか話していないのだが」

original life2001
「ねぇ、あなた、子供たちが成長すればちょっと違くなるってこと、わかるでしょう!だから、お母さん、子供たちに会いたいの、もう一度ね!…お話したいみたいだしね…ボートにも乗せたいんだっていうし…礼拝所にも連れて行くかもしれないとか…」
「ん、なんだって?良く聞こえなかった?」
「礼拝所に連れて行きたいんだって」
「礼拝所!?」
「待てよ、お義母さんは俺達が無神論者だって知らないのか?」
「…」
「…」
「詳しくは…まだ言ってなったような気がしないでもないかなぁ」
とん

original life2002
「合いそうなのはあった?」
「これ」
「かごに入れて良し」
「ママ、どの水着も似合わないよ!どれもあたしには短すぎる!」
「背が伸びてるからよ!見てみなさい、ジャニ!雑草みたいに成長してる!これはお父さん似ね!」
「合うのが見つかるまで探しなさい」
「そうかい、こういう時は…」
「ヘッロー、ビキニ!」
「戻しなさい!」

original life2003
「あたし、前にフロリダに行った時ビキニ着たあたしより小さい子みたんだけど」
「貴方が言う様なとんでもない母親ばかりじゃないのよ」
「rrrrrr!!」
「合うのがなかったら、お父さんが良いって言うならビキニを選んでもいいわ」
「パパはトーマスが何を買おうがとやかく言わなそう、賭けてもいいね」
「どうだ?」
「スイムトランクスライクみたいだけど」
「買っていくか?」
「話が早い」


original life2004
「良く寝れた?」
「ふぁあ。素晴らしい午睡だった」
「この音が眠りを誘うのよね」
「エンジンが?」
「違う、見てよ」
「静かな子供の音」

original life2005
「宇宙センターに寄ってくの?」
「もちろん!」
「うおおお!サーフショップ!」
「皆超イケイケでスリムじゃん!」
「フロリダに、行って大丈夫?」
「んん」
「ちょっとぉ」
「すまんな、ジャニ」

original life2006
「ルーシーおばさんにあう準備は出来た?レオ君のこと覚えてる?」
「レオが居んなら、あたしはリゾートビーチ、ここに居る」
「冗談止してよ、あんな根暗ミュータントオタク!わざとキショイことするし」
「見てよ、ジャニ!海牛だよ!」
「あ、内臓出てきた!ほら!」
いやああああああああああ!!
パシャパシャ
「4年前の話じゃない。アレ取ってきなさい」
「rrrr!正義はいずこに?」
「簡単ね!ナチスドイツが再来したら出てくる」

original life2007
「久しぶり!フロリダへようこそ!」
「トムはまだ仕事。1時間以内には帰るから」
「レオ!いとこに挨拶なさい」
「もちろん、お母さん」
「よぉ!サーフィン教えようか?」
「お願い!」
「は、はぁ!?いきなりカッコ良くなっていいわけがないし!」

original life2007
「久しぶり!フロリダへようこそ!」
「トムはまだ仕事。1時間以内には帰るから」
「レオ!いとこに挨拶なさい」
「もちろん、お母さん」
「よぉ!サーフィン教えようか?」
「お願い!」
「は、はぁ!?いきなりカッコ良くなっていいわけがないし!」

original life2008
あはは
「うわ!」
「どした?」
「足が見えない。なんかあるみたいなんだけど」
「ごくん」
カメッ!
ぎゃあああ
キック
「アビゲール…」

original life2009
(あいつとの闘いの年月。あたしの様な獣人とあいつの様な獣人の違いはもはや確定的。世界はこの絶対の壁を簡単に越えられるように作ってあるのか、あたしには分かんない)
(並々ならぬ努力とかそういうのを超えた変化。そう、これは遺伝。あたしが、どうしようもなく世界の法則に従っている、現実味を伴った必然の空気感。)
(包括と戦闘の狭間で、あたしがあいつより優れた唯一つの存在であることが証明される)
(ならば、あいつをぶっ壊すまで)

original life2010
ピクピク

「はっ!」キャッチ!
「なんか、お呼び見たいだね」
「んん」

original life2011
「サーフレッスンはお預けみたいだね」
「ちょ、ちょっと!姉さんは僕みたいにどん臭くないんだよ!」
「フットボール以外の全スポーツのトロフィーを持ってる!ツインテールのジョック階級みたいな女!女ってよりも機械っていったほうがしっくりくる。姉さんは勝つまで止めない!だから、絶対に勝つ!それにレオ兄さんの顔面をガシガシ削ろうとしてる!姉さんはに泣かされた男は何人も見てきたんだ!」
「ハードルが高いほど、勝利も格別だよね!」
「ちょっと!姉さんはターミネーターと一緒なんだってば!」

original life2012
「よぉ、フィスク」
「よぉ、トム」
「何やってんの、これ?」
「ジャニとレオがバレーボールを始めて20分」
「どっちが勝ってる?」
「3分け」
「3分け!?」
「ああ。死ぬまで闘い続ける。永遠に終わらんだろうな」
「僕の子対君の子。掛けないとダメかもしれないな」
「何やってんの、これ?」
「んん」

original life2013
「いつまで続ける気かしら」
「ジャニの負けん気が強いから…」
「おばあちゃんの登場よ!何やってんの、これ?」
「どうも、お義母さん。レオとジャニが死ぬまでバレーボールをしているんです」
「あら!」
ピフ
パフ
ピフ
パフ

original life2014
(マッチポイント!)
(あいつは勝てない!)
「えっ!」
顔面!
ポン
「はははは!」

「ぃよし!ざまぁみろ!」
「おい、まじかよ」

original life2015
「いいゲームだったよぉ、レオ。でもぉ、あんたが勝つなんてあり得ない事なんだよぉ。分かる?知りたい?な・ぜ・な・ら、あたしが超すごいから!このビーチであたしから逃がれられないって知っちゃった今どんな気持ちぃ?」
「ごみんねぇ~。あたしに手が届くと思っちゃったんだぁ、まず、学校に行かなくてもいいとおもっちゃったんだぁ?」
「ジャニ、お腹すいたでしょ」
「泣いちゃだめよ、OK?あたしの心が傷ついちゃうからなぁ」
「いい加減になさい、ジャニ」
「やだやだぁ、まだ嘲笑い足りないのぉ!」

original life2016
「ねぇ、お父さん!そのビール飲んでいい?」
「見といてよ」
「ほら!呑んじゃえ」
「やっほう!」
ぐびぐび
「この美味しさがどんなのか分かるね」
「トォムゥ!!」
「嫌いになると思ったんだよ!」


original life2017
「レオはいい男になってるわね」
「ホントに、喜ばしいことだわ」
「それと、もういらないの」
「そうね、一人で十分だと確信してるかな」
「私の容姿と彼の頭脳を持ったこんな素晴らしい子供たちを作りましょうってトムに言ったの」
「だからね、もう要らないの。だって、私の頭脳と彼の容姿を持った子供産んじゃうケースもあるからね」


original life2018
「明日、お母さんに会うけど、お母さん礼拝所に子供達を連れていこうとする時どうするか考えてる?」
「ああ、本当に心穏やかじゃないって考えてる」
「お母さん、絶対混乱する」
「俺は、お義母さんについて考えているんじゃない。子供たちだ。まぁ、宗教心が探求心に匹敵するなら、それはそれで結構だ」
「だが、子供が望んでいないのに大人の都合でそういった場所に連れていくのはよくない、政治集会に連れて行きたくないのも同じ理由だ。まだ小さいんだ」
「政党に染まる以上に宗教には染まって欲しくない。必要以上に知ることなく成長させる」
「アビゲールは例外かもな、5歳頃にはもうサンタクロースの存在を反証したくらいの無駄知識をつけてるしな」

original life2019
「お話は私にさせて。お母さんを操れるから」
「問題ない」
「ふむ、多分貴方は部屋にいない方がいいわね、怒りを直接貴方に向けかねないし、はなしのポイントがずれかねない」
「問題ない」
「ベランダでお父さんとタバコでも吸ってて、私が頑張ってる間に」
「問題ない」

original life2020
「ユダヤの教義を否定するべきではありません。彼らは、皆結局ユダヤなのですから」
「別に教義を否定してるわけじゃないの。宗教の話、分かってるとは思うけど」
「しかし、礼拝所にも教会にもいかないなんて、彼らの宗教はなんなのです?」
「お母さん…」
「バプテスト派ではないのでしょう?」
「え?違うわ!」
「おお、神よ。あのキャセロールを全て食べれるかどうかは知りませんが」
「ちょっと!?」


original life2021
「お母さんとお婆ちゃんなんで闘ってるの?」
「ワチスマンお婆ちゃんは私達に礼拝所か何かに行って欲しいんだってさ。パパとママは宗教してないからびっくりしてるんだと」
「なるべき?」
「さぁね。まぁ、時々考えるけど」
「この広い世界を見渡しても、世界の背後に大いなる意思なんてないんじゃないかなぁ、って」
ボキ
ボシャン
「まぁ、今まさにバカみたいな偶然の産物じゃないかって気付いちゃったんだけど」

original life2022
「無神論者!?」
「そぉお」
「貴方が無神論者ですって?」
「そうだって」
「ほかの子と違って、いつも反抗的でしたけれど。ですが、これはあまりにも、極端な…」
「なによ!?」
「とどのつまり悪魔崇拝するなら、少なくとも信じるものがあるわけだからマシだと言っているのですよ!」
「お母さん!」

original life2023
しゃん
「こっちきて、お母さん。外で遊ぶ子供たちを見てちょうだい」
「子供らしい理性的な振舞いをしているから。皆ハッピーなの。危険な憎しみ合いの兆候は見られないし、善悪の判別もつきます」
ばしばしばしばし
「トーマスはノーカウントで。男の子だから」
しゃん

original life2024
「家に帰るぞ、ほら?」
「あう」
「ボンクさんを出して上げて、アビゲール。時間よ」
「OK」
「荷物をたたんで、ジャニ」
「あう、ママ!また勝ってん!」

web拍手 by FC2

テーマ: 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル: アダルト

tag: 海外 メスケモ 漫画 同人誌

ORIGINAL LIFE1

海外ファーリ作家のオリジナルライフを邦訳
エロなし。お試しにどうぞ。
画像をクリックすると画像が大きく表示されます。
その大きくなった画像枠の下の方にもセリフがふってあります。

JayNaylor.com

アビゲール、海外映画ネタ多いよ。


original life000
original life001
「可愛い天使ちゃん。 この子はオリンピック選手になる、賭けてもいい」
ジャニねむねむ
「そうか」
「この子は天才よ。 高名な科学者に育って欲しい。 難病を治す薬をつくるの」
アビゲールねむねむ
「そうか」
とーますねむねむ
zzzz
「…」
original life002
ルルル
ガガガ
「お、男が半分になってたわよ!?」
「いやこれ、本物じゃないから。 エイリアン的な、虫……あれだよ……獣人的な……」
「いい天気ね、トーマス。 年頃の少年は外に出て遊ぶもの、そんな家に引きこもって残虐ゲームなんかやってないで頂戴」
ブラインドあけあけ
「いやいや、ゲームのも美しいもんだよ。 外の天気とか関係なし、ゲームをやればいつも晴れ晴れしい」
キック
original life003
「外に出て、社交して、誰かと遊びなさい。 あんな暴力にさらし続けるよりもはるかに健全よ。 夕食のとき呼ぶから」
腰かけ
「はぁ」
PSPぷれい
「な~にが、暴力だ」
ひょっこり
「よーぉ、トーマス。 俺PSP欲しかったんだよ。 それくれ」
「え……なんで?」
ゴミ箱にどん
original life004
「誰がやったの?」
「ダーレン・ブラロック。 大根首持った11歳で、ティーンエイジャーみたいな筋肉の奴」
お顔ふきふき
「ねぇ母さん、なんで俺はマーシャルアーツしちゃダメなんだよ。 アビゲールはやってるのに」
「アビゲールはトラブルが付き纏うかわいい女の子だから。 マーシャルアーツが必要なの。 あんたは乱暴な男の子」
「ダーレン君のことブラロックさんにお話しして、ゲーム取り返してくるから。 ウジウジ止めなさい」
「NOOOOO、母さん。 見た目が貧弱になっちゃうから!」
「今足掻いたって手遅れだよ!」
「うっせぇ!」
「ジャニ!」
original life005
「アビー! ちょっといい。 母さんが護身にマーシャルアーツを学んじゃダメだ、とかいうんだよ」
「それでさ、俺を鍛えて欲しい、警戒して欲しい。 ピンクパンサーのカト・フォンがクルーソー警部補にやったみたいにさ」
アビー指しゃぶり
「今日はアットランダムに攻撃してよ、最低限の自己防衛をしたい」
「あとそれから「へやぁ!」フロオォフ!!」
アビーパンチ
「あ痛あああああ! まだだって!」
ばしばしばひばし連続チョップ
「死は待ってくれないのです!」
original life006
「やぁ!」
「どっから出てくんだよ!」
「もうベットタイムだぞ!」
「死は眠らないのです」
original life007
下校時刻
「あれ、アビーは何処いったんだ? さっきまで一緒だったのに」
「あ、やべぇ」
「待ち伏せ攻撃するからどっかに隠れてるんだよ! だって俺そう言ったし」
「あ? なんで?」
チャックが開いていく
「でも今度は応戦態勢。 過去の過ちは繰り返さない!」
黙っててね
「あぁぁぁう! ザ・ペイン!」
original life008
「アビゲール? 僕の部屋で待ち伏せてんだろ? このトレーニング意味ないと思うんだけどさ。 尻の蹴られ方しか学べることないんだよね」
「アドバーザリーじゃなくてインストラクターになって教えて欲しいなぁ。 アビーが知ってること全部教えてよ、な。 じゃあ、入るよ? 攻撃すんなよ? アビー?」
「残念」

original life009
「我々は敵の研究をしている、とします。 そして、第二次成長期の結果に起因する境界性の喪失、優越感に浸る標準体レベル3のいじめっ子を観察している、とします」
「我々?」
人形をチラ見
「このタイプのいじめっ子との戦闘における'世間一般'での対処方法は、道徳的絶対主義を採用し、知恵で打ち勝つことが必要なわけですが」
「'お兄ちゃん'の場合、シンプルに怒りでやるしかないですね」
「おい!」
original life010
「怒れ! 怒るんだ、お兄ちゃん!」
はっ、はっ、はっ
「草刈った御近所の庭先の芝、義務を超過した雑務はお兄ちゃんの人生を止め、第二次成長期を止めたのだ! お兄ちゃんの人生を奪うために野蛮な力を行使する奴らは身の丈にあった報いを受けるに値する!」
「いいぞ……そうだ……。 正義の衝動を受け入れろ! お兄ちゃんを救うこの公正なる応酬のために! 感じろ、血管をたぎるこの怒りを、お兄ちゃんを力強くするこの怒りを!」
「ジェダイは自らに流れるフォースを感じることができる」
アビー、ジト目
「今、バカなこと言ったろ」
「えへ、ちょっとね」
original life011
「お兄ちゃんのためにパンチグローブを持ってください」
「お、トーマス、強くなりたいのか? かっわいいね!」
パンチグローブ装着
「お願い、真面目にやってください」
「トレーニングだってことを忘れない、グッドなフットワーク、ソリッド、精確なジャブを見せて、GO」
「来な、少年! 最高の一発を打ちこんでみな!」
わf
「おぉ」
「もう教える事はないのです」
「こんのクソガキゃぁ!」
original life012
「いた、お兄ちゃんのゲームやっています」
「多分上書き保存してる! やろぉ!」
「先手必勝。 容赦なし。 本気で」
「わかってる!」
「お兄ちゃん、待って!」
「え?」
「制服着替えないと、お母さんに殺されます」
「おっと」
original life013
「クァwセdrftgyフジコlp;@:「」
「ブラロックよ、あっぱれな奴だった。 お前の本は読んだぞ!」
「アビゲール、トーマス何やっちゃってんの!?」
「お兄ちゃんは、闘いの無慈悲なる苦悶に憑かれしもののふ」
「お兄ちゃんは、正義を体現するおのこ! 知能のない野蛮なけだものに立ち向かえ、それがただ一つの道なのだ!」
トーマスのカットイン
「これは短期戦ではない」
「神よ見守りたまえ、愛しておるのです」
「……?」
original life014
「ダーレン君のお母さんから連絡がありました。 6針縫って鼻が折れたって。 嬉しいでしょう」
「かなり」
「黙れ。 もっと分別ある態度を取ッて頂戴、若者らしいね」
「分かったよ、で、どうしてほしいの?」
「ああ、私じゃないの。 お父さん海外から戻ってきて、で、このことについて話があるって。 書斎にいきなさい」
「しょ、書斎!?」
顔ひょっこり
「あたいら書斎になんか入れてもらったことないのに!」
「うわぁ……」
original life015
「書斎ってどんな感じなんだろ?」
「見た感じのレポートよろしくです」
あむあむかみかみ
「レポート?」
「そうです。 期待しているんですが、お父さんは大量の学術書と学術的探究心を満たしてくれるプライスレスな書物のなかにいまして……「それはない。 パパは体を完璧に維持している。 つまり、書斎にはハイテクなジムがあって、科学者と機械があってだな……「いやいや、現実に目を向けろって、父さんはあの中でジェームズボンドガール級のとゴロゴロ、日がな一日キスして過ごしてるんだって」
「キスねぇ?」
睨みつけ
「そうだよ」
アビーそっぽ向き
「何だよ!?」
original life016
「ふぅ」
「元気か、息子よ」
「座りなさい」
「どうもありがとうございます」
リンゴジュース
「書斎に招いたのはな、男としてアレについて話し合うためだ」
「本当に、ダーレン・ブラロックの尻を蹴っ飛ばした?」
「超イエス!」
original life017
「だから、言ったんだよ"それ返せ"って、したら"あのレッスンからなんも学んでねぇな"だって。 だから言った"来いよ、お前は俺を怒らせた!"って」
わきあいあい
「その時のだーれん君の顔を見たかった」
「しかしだ……!」
お父さん手をピシ
「俺はどうしても罰せない。 良心的観点から、自己防衛とお前のこれを思うとな」
「だから、母さんに反発した咎で罰をうけよう」
「マジかよ!」
「今週末は一緒に庭の草刈りってとこか」
original life018
「この新しい草刈り機、めちゃくちゃ良いじゃん、父さん!」
「だろ」
「残りの芝刈っていい?」
「もちろんだ、息子よ!」
「……」 web拍手 by FC2

テーマ: 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル: アダルト

tag: 海外 同人誌 メスケモ 漫画

プロフィール・著作権・相互リンク・広告代理店

pompompmpm

Author:pompompmpm
このブログは人外専門のエログサイトです。国籍問わず、世界中から人外の画像を集めております。「普通の人はとっつきにくいんだろうなぁ」と思われる人外画像も、躊躇うことなく記事に致します。


成人の方であっても、気分を害された場合には、すぐにブラウザバックしてください。当方、責任を負いきれません。18歳未満の方は、閲覧をお控えください。

カテゴリから検索
アクセストレーダー
アクセス交換窓口になります。他サイトに飛びます。
人外描いている絵師(テスト中)
人外系リンク
アフィリエイト広告
最新コメント
PVカウンター
UUカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
人気記事ランキング
ブログパーツ
7日間アクセス経由ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
394位
アクセスランキングを見る>>
[サブジャンルランキング]
画像
57位
アクセスランキングを見る>>
転載許可を頂けたサイト様
pixiv絵師、御納戸サイトリンク御納戸さんのサイトに飛びます pixiv絵師、mashaサイトリンクmashaさんのサイトに飛びます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...